ホーム » 日記 » auから乗り換える際にかかるお金って?|乗り換えにかかる費用をまとめました!

auから乗り換える際にかかるお金って?|乗り換えにかかる費用をまとめました!

■MNPや解約には費用がかかる
最近テレビのコマーシャルでも、インターネットの広告でも
「乗り換えがお得」とどの携帯会社も繰り返し言い続けて
いますよね。

確かに機種変更をするよりも乗り換えた方が実質負担額は
減るのですが、機種変更にはない出費も発生します。

まず必ず発生する費用の一つが、MNP手数料です。
auからソフトバンクにMNPで乗り換える場合、転出手数料として
auに2100円、事務手数料としてソフトバンクに2835円の
合計4935円を支払わなければなりません。

このMNP手数料にプラスして、違約金がかかる場合もあります。
これはauを解約する際に発生するお金ではなく、auで利用していた
割引サービスの契約不履行に対する違約金です。

年割/ガク割/スマイルハート割引を利用していた場合は、
1年ごとの契約なので、13ヶ月目、25ヶ月目などにある
更新月以外での解約の場合、3150円の違約金がかかります。

誰でも割を利用していた場合は、2年ごとの契約なので、
25ヶ月目、49ヶ月目などの更新月以外での解約の場合、
9975円の違約金がかかります。

■ソフトバンクの違約金負担軽減措置って?
ただし、MNP手数料や違約金によって乗り換えを躊躇する人が
いる事も考慮し、ソフトバンクは違約金負担軽減を目的とした
措置をとっています。

それが「バンバンのりかえ割」です。
バンバンのりかえ割は、他社からMNPで乗り換えた場合に、
5種類の特典から1つ好きな特典を選んで受けられるサービスです。

・ホワイトプラン基本使用料2年間0円
・SBポイント24000点(1000点×24回の分割付与)
・SBヘルスケア2年間0円+SBスマートTV2年間0円
・SBヘルスケア2年間0円+ホワイトプラン基本使用料1年間0円
・SBスマートTV2年間0円+ホワイトプラン基本使用料1年間0円

一番人気があるのは、毎月の料金が抑えられるホワイトプラン
基本使用料2年間0円という特典のようですね。

月額980円×24ヶ月=23520円分の割引となり、乗り換えにかかる
費用を差し引いても十分です。

■ショップ選びも重要!
このバンバンのりかえ割は、ソフトバンクショップはもちろん、
家電量販店の中の携帯コーナーや、街の携帯電話ショップでも
ソフトバンクにMNPで乗り換えさえすれば利用出来ます。

その為、どこで契約してもいいんだと思う人も
いるかもしれませんが、よりお得に乗り換えたいのなら、
ショップ選びも重要となってくるんです。

例えばソフトバンクA店で契約すると、ソフトバンク公式の
割引サービスを受ける事が出来ます。

家電量販店B店で契約すると、ソフトバンク公式割引サービスに
加えて、本体購入代金の5%が家電量販店のポイントとして
付与してもらえます。

携帯ショップC店で契約すると、ソフトバンク公式割引サービスに
加えて、違約金にかかる費用最大1万円をショップが
負担してくれます。

このようにA店、B店、C店と、ショップ独自のキャンペーンに
大きな差が出る場合も考えられるわけです。

しっかり情報収集をして、その地域で一番お得なショップで
契約するようにしましょう!

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。